太陽光発電架台システム

杭打ち試験

杭打ち試験

現場の土壌特性を把握するため、ボーリング試験やスウェーデン式サウンディング試験(SWS)といった方法があります。

当社ではより現実的な土壌特性を把握するため自社による杭打ち試験を実施します。
当社の調査専門チームが現場へ伺い、最新鋭の杭打機を使用して実際に架台施工に使用する支柱杭を現場の土壌に打込みます。
打込んだ支柱杭に押込み方向・引抜方向・水平方向へ荷重試験を行い基礎の設計に必要な条件等をお調べいたします。
また、お客様へは杭打ち試験によって得られたデータをまとめ、杭打ち試験結果報告書として提出させていただきます。